Ethipor

Ethipor(エシポル)=Ethical(エシカル)+Português(ポルトガル語) *ポルトガル、ブラジルのエシカル情報を発信します。

知られざるサステイナブルな島~アソーレス諸島~(食事編)

サンミゲル島にあるサステイナブルなレストラン

KAIROS.png
写真上:コジーニャ・カイロスとエリザベッチさん

前回
は、クレサソールが発行するサステイナブルな認証マークを持っている団体をご紹介しました。サンミゲル島に代々伝わる伝統工芸や食文化。過去から現在、そして未来へ繋ぐために活動を行っている女性たちと出会うことができました。さて、今回はどんな出会いが待っているのでしょうか。

今回は、サンミゲル島で今最もユニークでサステイナブルなレストランと呼ばれている、カイロス・コジーニャをご紹介したいと思います。

実はここも、クレサソールが発行しているサステイナブルな認証マークを持っています。
ところで、一体どこがユニークでサステイナブルなのだと思いますか?

カイロス・コジーニャがサステイナブルなレストランとして選ばれた理由


まずは、食材です。ここでは、有機農法で作られた新鮮なローカル食材を積極的に採用しています。サラダに使われている野菜、お魚やお肉料理に添えられるハーブ類。これらはどれも島内で採れたフレッシュな野菜です。食材だけではありません。提供するメニューにもこだわりがあります。それは、島の伝統的な料理が楽しめるという点です。「おばあちゃんや、おじいちゃんの時代ではよく食べられていたのに、残念ながら今ではあまり食べられなくなってしまった、、、。そんな料理が、ここなら食べれる。」という事もあるそうです。

嬉しいのは、そんな素敵な料理がリーズナブルなお値段でいただけること。平日のお昼に私は訪れたのですが、スープ、本日の一皿、飲み物、デザート、さらには食後のコーヒー付きで8.5ユーロでした。(1ユーロ=120円で計算をして、約1,000円)もちろん、レストランの中は地元の人々であふれていました。

さらにカイロスは、インクルージョンという点から見てもサステイナブルな取り組みを行っています。それは、身体またはメンタルに障碍のある人々を積極的に従業員として採用している点です。

COMIDA DE KAIROS
写真上:本日のプレート(乾鱈のクリームグラタン)クリーミーで濃厚な味でしたが、重すぎず、鱈の味をしっかりと味わう事ができました。

お豆のケーキをつくったのは、だれ?


1つ、印象深いエピソードがあります。一緒にお昼を食べたエリザベッチさんに勧められて最後に食べたデザート。この島の伝統的なお菓子(お豆のケーキ)ということなので食べてみたのですが、これがやさしい甘さで、これなら1つ食べれると思ったケーキでした。食べ終わるころに、エリザベッチさんが「このケーキを作っているのはね、実は盲目の女性なのよ」とさりげなく私に教えてくれました。

エリザベッチさんによると、キッチンの中にいる大半の従業員の方はメンタルや、身体的に障碍を持っている方のようです。ただ、レストランの中を見渡しても特別そのような事が書いてるわけでもなく、、。逆に言えば、様々な人が働いている=インクルージョンしている仕事場というのは、カイロス・コジーニャでは説明する必要はなく、当たり前の光景なのかもしれません。

queijadas de feijao
写真上:やさしい甘さのお豆のケーキ

カイロス・コジーニャは島内で成功を収めていて、店舗を増やすことで徐々にその活動範囲を広めていっています。
これからカイロス・コジーニャがどのように広がっていくのか、、、。今からとても楽しみです。

さて、次回はいよいよ「アソーレス諸島のサステイナブルな取り組みを訪れる旅」の最終回です。
おたのしみに!

Kairós Cozinha
Rua Nicolau Sousa Lima, 7 – Paim – 9500 Ponta Delgada
月曜~土曜(8:00-20:00)

SOLIDARIEDADE2.png

知られざるサステイナブルな島~ポルトガル・アソーレス諸島~(中編)

GIRL.png

過去、現在そして、未来へとつなぐもの
前回お話したサンミゲル島内で流通するサステイナブルな認証マーク・CORES(コーレス)。それでは、一体どのような団体が認証マークをもらっているのでしょうか。

ポルトガルらしい強い太陽の光を浴びながら石畳を歩きふと顔を上げると、青い看板が見えてきました。「ここよ」というエリザベッチ(クレサソールのメンバー)さんが指指す小さな建物にたどり着き、少し重たいドアを開けると、そこには縫物をする女性たちの姿がありました。

ここでは主に、オーダーメードの縫物、縫物の補修、また伝統的な装飾品等がつくられています。繊細な刺繍が施されたハンカチ、タオル、ナフキン等は、この島の伝統工芸品の一つです。
CORES1.png
写真上:女性たちがつくった商品(左上のハーブティーは除く)。商品についているタグ(CORES)は、サステイナブルな取り組みを証明する認証マークです。

私が訪れたときはまさに、島の行事のために彼女たちが準備をしている最中で,今回幸運にもその現場を見させていただくことができました。

ARTESANATO2.png
写真上:設立当初から働いている女性たち。ここで働く前は自宅で縫物をしていたそうですが、この現場で本格的に働くことで、技術を学んでいったと語ってくれました。

ARTESANATO4.png
写真上:「ほら、もうすぐ完成よ。」オーダーメードの作品はもちろん、お得意さんから依頼を受けた縫物の補修も大事な仕事の1つ。ここで働く1人の女性は、「お客さんは気に入ったものは、補修をしながら使い続けてくれるんですよ。」と語ってくれた。
自分が使っている製品を最後まで大事に使うというのは、まさにエシカルな精神。

ARTESANATO.png
写真上:住民の大半がキリスト教徒(カトリック)である彼らにとって、宗教行事はとても大事なイベント。写真は、宗教行事で使用する装飾品を作る女性。

ARTESANATO3.png
写真上:できあがったばかりの鳥のモチーフ。

ARTESANATO7.png
写真上:緊張しながらドアを開けると、そこには温かい笑顔で仕事場を見せてくれる女性たちの姿があった。記念すべきドアの前にて。

おいしいアトリエ
QUEIJADA

このグループの代表である女性は、「すぐ近くにクレサソールのサステイナブルな認証マークの承認を受けたおいしいアトリエもあるの。よかったらちょっと覗いてみない?」と声をかけてくれました。「おいしいアトリエ?」ということで、そのアトリエもちょこっとのぞかせていただきました。

気になるアトリエとは、島の伝統的なレシピを忠実に守りながらお菓子を作っている場所でした。できたてのお菓子をいただいたのですが、小麦のかおりがやさしく香るおいしいお菓子でした。基本的には注文制をとっていて、この日は空港内のお店から注文が入っていたため、アトリエ内は忙しそうでした。

ARTESANATO6.png
写真上:アトリエ内の一部

注文制のスタイルをとっているこのアトリエは、できる限り食料の無駄を出さない工夫をしているという点で、フードロスの観点から見てもクレサソールから評価をされています。
また忘れていけないのは、ここでは若い人たちに対しての技術教育支援も行うことで、後世に伝統レシピを継承しているという点です。

裁縫や食を通じて伝統を継承している彼女たちの姿を見て、自分たちが受け継いだ伝統文化を未来の世代へきちんと受け継ぐことも、サステイナブルな社会を形成するための大事な一歩であるということを再認識したのでした。

さて次回は、サンミゲル島内で人気のサステイナブルなレストランをレポートします!

知られざるサステイナブルな島~ポルトガル・アソーレス諸島~(前編)

サステイナブルな島・アソーレス諸島
SAO MIGUEL

アフリカ大陸・モロッコとヨーロッパ大陸・ポルトガルの間には、小さな群島があります。
その群島は、ポルトガル領であるアソーレス諸島です。

もしかしたらサッカーに詳しい方なら、アソーレス諸島と聞いて、元ポルトガル代表のペドロ・パウレタ選手を思い浮かべるかもしれません。(ちなみに、クリスチアーノ・ロナウド選手は、ポルトガル領のマデイラ諸島出身ですね^^)実は、広大な自然に恵まれたこのアソーレス諸島は、世界持続可能観光委員会(Global Sustainable Tourism Council)によって、群島として世界で初めてサステイナブルな観光地として認定された島でもあります。

そんなサステイナブルな場所として国際委員会から認定されたアソーレス諸島の1つであるサンミゲル島(アソーレス諸島は、主に9つの島から成り立っています。)に、この度私は行ってきました。

旅の目的は、「サステイナブルな観光地」を実際に見てみるということ、そして「クレザソール」を訪れることでした。
CRECACOR.png
(写真:クレザソールのエリザベッチさんと筆者)

クレザソール(協同組合)とは
?

クレザソールは、2000年に設立された協同組合です。この組合には、サステイナブルな農業の実践/教育支援から移民、障碍者、薬物依存症患者の支援、そしてローカルビジネスを対象にしたビジネス支援、文化保全事業等、実に様々な分野で活動を行っている団体が所属しています。現在、クレザソールには、27の団体が所属していて、現行の経済システムでは考慮されにくい部分(経済活動に伴う環境へのダメージ、ソーシャルインクルージョン)を汲み取り、サステイナブルな社会への実現に向けてプロジェクトを実施しています。

サンミゲル発・サステイナブル認証マーク「コーレス(CORES)」
CORES2.jpg
(出典:CRESAÇOR)

"わたし(たち)の仕事は、この広大な海の中の一滴のしずくのようなものだと思います。でもわたし(たち)の仕事がなければ、その海はどんどん小さくなってしまいます”(クレザソールのメンバー)

クレザソールの事務所を実際に見学させてもらって、気づいたこと。それは、ここで働いているひとたち全員が、誇りをもって働いているということでした。

CRECACOR2.png
(写真:クレザソールで働く専属デザイナー:クレザソールで発行される印刷物、商品パッケージの担当をしています。)

例えば当日、私のお世話を1日してくれた、エリザベッチさん。
彼女はここで、サステイナブル認証マーク審査の仕事に関わっています。
具体的には、認証マークの取得を希望する複数の団体に対して、クレザソールが設けた基準を満たしているか等を日々審査しています。

彼女は、数年前に他業種(元は、エコノミストでした。)から転職し、「数字だけではなく、より直接、人の人生や社会を変える可能性を秘めているこの仕事に、誇りを持っている」と私に語ってくれました。

ところで、認証マークと聞くと、国際的な認証マークを思い浮かべますが、クレザソールは島内でのサステイナブルな社会の実現に向けた、独自の認証マーク(正式名称:CORES)を発行しています。

独自の認証マークを持っているという時点でユニークな取り組みだと思いますが、この認証マークが優れている点はそれだけではありません。通常、認証マークを取得するためには申請団体側が登録料等を支払うことが多いのですが、クレザソールでは認証マークを取得するための登録料を設定していません。そこには、より多くの団体が認証マーク取得に向けてアクセスしやすいようにという想いが込められているからです。

認証マークが持つ役割とは?

PASSARO5.png

サステイナブルな社会を実現していく上で認証マークが持つ役割とは何でしょうか。
例えば、フェアトレード認証マーク。自分が普段購入するチョコレートの原料であるカカオやコーヒー豆等の見えない生産工程中に児童労働や労働搾取が存在し、その原料を使ったがために最終製品の価格が安くなったという事実があれば、、、どんなに安くても購入をためらってしまいますよね。

経済がグローバル化し、様々な国から原料を輸入・加工しながらできあがる商品に対して、
どのような労働環境で商品ができあがったかまでをを知ることは正直、容易ではありません。

ただそれを、可能な限り明らかにする役割を担っているいるのが、認証マークです。フェアトレード認証は、労働者を搾取せずに、労働者に対して適正価格を支払っていることを証明するラベルです。この認証マークがあることで、消費者側は、労働者搾取を行っていない商品を知ることができ、またその商品を選ぶことで、労働者搾取に関与しない、より良い社会のために自分が関わっていく(応援する!)という選択ができます。

このクレザソールが発行している認証マークも、他の認証マークと同様な役割を持っていています。このマークは、島内でつくられた商品・サービスが社会/環境的にサステイナブルなものと認定されたものに対して発行されます。そして、この認証マーク付きの商品・サービスを購入することで島の住民は、島内のサステイナブルな社会に向けた取り組みを応援することができるというしくみになっているのです。
CORES.png
(出典:CRESAÇOR:クレザソールの認証マークをサンミゲル島内で認知させるために行った宣伝広告)

それでは一体、どのような商品が認証マークをもらっているのでしょうか。
次回、実際の現場をレポートします!

自由が丘のグリーンフラスコさん!

自由が丘にある老舗のハーブ・アロマのお店グリーンフラスコさんでは、今、ハーブで世界一周が楽しめちゃう?ような企画が行われています!

そんな中、この度ブラジルハーブのブースのアートワークをEthiporが担当させていただくことになりました!
空箱になったハーブティーの箱を捨てないで、チョキチョキすると、、、。さて、何ができるかな?

ARTWORK2.jpg


ARTWORK1.png

ブラジル発・エシカルな飲料?!

BEBIDA ETICA

いきなりですが、みなさん!昨晩、もしくは今日食べた食物/飲んだ飲料を思い出せますか?
輸入・国産の食材、どちらも入っていましたか?「輸入品は使っていないかも」という方も、
お肉を食べた場合(国産・輸入に関係なく)、その飼料はブラジル・米国の大豆(=間接的に輸入品)だったということがあるかもしれません。

今回のエシポルでは、ブラジルのエシカルな飲料のお話をしたいと思います。
その前に。飲料・食物に関わるブラジルの農業のお話を少しだけ、お話させていただきますね。
もしかしたらその話は、「あなたが昨晩、もしくは今日食べた食物(もしくは飲物)」と関係しているかもしれません。

グローバル化する食卓の裏にあるもの
日本の23倍もの大きさを持つブラジル。そのブラジルでは、大豆、トウモロコシといった輸出のための工業型農業が近年活発化しています。それは、食卓にあがる食べ物がグローバル化している現代社会では、必然的な風景かもしれません。

一方で、こうした工業型農業に適した土地がブラジルで足りなくなってきていることと、輸出に向けた国内の輸送網の拡大に伴い、その地域に住んでいる先住民・小規模農民の土地が力ずくで奪われるということもブラジルで、今実際に起きています。当然、奪われた土地を取り返すために、抵抗運動は行われますが、その運動にかかわった人たちが殺されるということは、珍しくはないそうです。

正直、とても重く暗い事実です。ただ、一方でこうした工業型農業に代わる、もう一つのアプローチで農業に取り組む人たちもいます。そして彼らの農作物を積極的に市場へとつなげることでその動きをサポートしようと奮闘している人たちもブラジルにはいます。その1つが、KIROという飲料ブランドです。

ブラジルのローカル飲料ブランド:KIRO
KIRO.png
出典:KIRO

2017年、ブラジル・サンパウロで、ローカルな飲料ブランドが誕生しました。そのブランドは、「KIRO」です。
販売規模としてはまだ、大きくはないものの、サンパウロのバー、レストラン、カフェ、シェアオフィス等を通じて、じわじわと、そのファンを増やしているようです。一口飲むだけで爽やかなのどごしを感じられるKIRO。実は、KIROにはアルコールも炭酸も入っていません。

アルコールも炭酸も入っていないのにのどごしを感じられる飲料、、?一体何が入っているのでしょうか。その原料は、水、しょうが、りんご酢、そして蜂蜜です。

原料だけみると、シンプルで、健康によさそうな飲料という印象を持ちますが、KIROがパウリスタ(サンパウロの人)を惹きつけている理由は、どうやらそれだけではないようです。

たまたま見た記事を見て、作ってみたら、、、。
水、しょうが、りんご酢、そして蜂蜜。これを聞いてもしかして、「スウィッチェル?」と思われた方、正解です。スウィッチェルとは、17世紀~19世紀のアメリカで、特に畑仕事をしている人たちにとっては欠かせない、乾いたのどを潤す大事な飲み物だったそうですよ。

2014年。創業者であり、サステナビリティについて研究をしていたリーさんは、スイッチェルについて書かれた記事に偶然出会い、長年の友人であるグスタボさんと一緒にスイッチェルを実際に作ってみることにしました。「その記事を見るまで、もちろん、スイッチェルなんて作ったことも飲んだこともなかったよ。けれども、最初の一口でやられてしまったんだ。」と語るリーさん。その年に何度も何度も試作を重ね、家族、友人を巻き込みながら品質・味の改良を重ねていきました。

次第に、グスタボさんが働いているレストランでKIROを提供することで、家族、友人以外にもそのファンを増やしていったようです。

新たなメンバーも加わり、以前より販売規模を広げていったKIROは、2017年にビジネスを本格化させ、サンパウロの中心地やリオデジャネイロでも販売されるようになっていきました。なんと生産量の内9割は売れ、残りの1割はイベントで使うための試飲用などに使われるそうです。気になるそのお値段は(KIROのサイトで購入した場合)、1本(300ml入り)約¥240です。(9レアル)
決して、安くはない値段ですが、何がパウリスタ(サンパウロの人)を惹きつけているのでしょうか。

エシカルな飲料?
PLANTAS 2

KIROが特別な飲料である理由は、渇いたのどにキリッとしたのどごしをもたらせてくれている「しょうが」にどうやらそのヒントがあるようです。それは、そのしょうがが、化学農薬・化学肥料といったものを使わない製法で栽培されているということ以外にもう1つあります。それは、アグロエコロジーというアプローチが用いられているということです。

アグロエコロジーとは、生態系を守るエコロジーの原則が農業に適用されたものと言われています。

その特徴の1つは、自然の法則を積極的に活用するということが、挙げられます。例えば、「薬草、植物を植えることで害虫から作物を守る」という例のように、化学農薬・化学肥料を使わずに、自然の法則を活用しながら栽培する方法は、その一例です。

ところで、化学農薬・肥料を使わないということは、人(生産者・食べる消費者)だけでなく、今進行中の気候変動問題に対しても大きなメリットがあるのを知っていましたか?

それは、土壌菌が健康的である豊かな土壌は、炭素をしっかりと吸着してくれるので、気候変動問題の重要な救世主になってくれるということ。それに、化学肥料・農薬に頼らないということは、化石燃料に頼らないということでもあるということです。(化学肥料・化学農薬は、化石燃料なしには製造できないそうなので、持続的なアプローチとは言えませんね。。。)

KIROは、主原料のしょうがをアグロエコロジーを実践している組合から購入していますが、プレイヤーが、世界の主流である工業型農業ではなく、小規模生産者であることもアグロエコロジーの特徴の1つです。そして、アグロエコロジーでは、小規模生産者の主体性とその地域の文化的なアイデンティティ(例えば、その土地の気候にあった、且つ在来種の農作物をつくる等)が尊重されます。そういった意味で、オーガニック栽培にプラスして、社会的な側面も持ったアプローチといえますね。

「アグロエコロジーを取り入れるという事は、他の商品と差別化することができます。一方で供給量・ロジスティック面からいうと正直、不安定な要素があることも事実です。」と語るリーさん。では、アグロエコロジーを取り入れた製品を作ることは、KIROにどんな意味を持っているのでしょうか。「KIROが誕生した理由の一つには、アグロエコロジーを普及させるという目的がありました。健康的なもの(飲料)をただ作るだけでは、不十分です。今、私たちが抱えている問題に向き合うこと。そして、それに対してできることを模索していくという事はとても大事なことだと思っています。」

グローバル化する食べ物とその裏にある見えない影。
巨大化した工業型農業が広がる中で、彼らの挑戦は、今、始まったばかりなのです。

DESEJO.png
参考文献:
・印鑰智哉著、小池洋一・田村梨花編『抵抗と創造の森アマゾンー持続的な開発と民衆の運動』(現代企画室、2017年)
・印鑰智哉:http://blog.rederio.jp/archives/2799
・THE GUARDIAN:https://www.theguardian.com/environment/2019/feb/20/european-farms-could-grow-green-and-still-be-able-to-feed-population
・SOIL ASSOCIATION:https://www.soilassociation.org/what-we-do/better-food-for-all/transforming-the-way-we-all-farm/an-introduction-to-agroecology/
・BUSINESS INSIDER:https://www.soilassociation.org/what-we-do/better-food-for-all/transforming-the-way-we-all-farm/an-introduction-to-agroecology/
・MONGABAY:https://news.mongabay.com/2018/12/amazon-soy-boom-poses-urgent-existential-threat-to-landless-movement/