Ethipor

Ethipor(エシポル)=Ethical(エシカル)+Português(ポルトガル語) *ポルトガル、ブラジルのエシカル情報を発信します。

知られざるサステイナブルな島~ポルトガル・アソーレス諸島~(前編)

サステイナブルな島・アソーレス諸島
SAO MIGUEL

アフリカ大陸・モロッコとヨーロッパ大陸・ポルトガルの間には、小さな群島があります。
その群島は、ポルトガル領であるアソーレス諸島です。

もしかしたらサッカーに詳しい方なら、アソーレス諸島と聞いて、元ポルトガル代表のペドロ・パウレタ選手を思い浮かべるかもしれません。(ちなみに、クリスチアーノ・ロナウド選手は、ポルトガル領のマデイラ諸島出身ですね^^)実は、広大な自然に恵まれたこのアソーレス諸島は、世界持続可能観光委員会(Global Sustainable Tourism Council)によって、群島として世界で初めてサステイナブルな観光地として認定された島でもあります。

そんなサステイナブルな場所として国際委員会から認定されたアソーレス諸島の1つであるサンミゲル島(アソーレス諸島は、主に9つの島から成り立っています。)に、この度私は行ってきました。

旅の目的は、「サステイナブルな観光地」を実際に見てみるということ、そして「クレザソール」を訪れることでした。
CRECACOR.png
(写真:クレザソールのエリザベッチさんと筆者)

クレザソール(協同組合)とは
?

クレザソールは、2000年に設立された協同組合です。この組合には、サステイナブルな農業の実践/教育支援から移民、障碍者、薬物依存症患者の支援、そしてローカルビジネスを対象にしたビジネス支援、文化保全事業等、実に様々な分野で活動を行っている団体が所属しています。現在、クレザソールには、27の団体が所属していて、現行の経済システムでは考慮されにくい部分(経済活動に伴う環境へのダメージ、ソーシャルインクルージョン)を汲み取り、サステイナブルな社会への実現に向けてプロジェクトを実施しています。

サンミゲル発・サステイナブル認証マーク「コーレス(CORES)」
CORES2.jpg
(出典:CRESAÇOR)

"わたし(たち)の仕事は、この広大な海の中の一滴のしずくのようなものだと思います。でもわたし(たち)の仕事がなければ、その海はどんどん小さくなってしまいます”(クレザソールのメンバー)

クレザソールの事務所を実際に見学させてもらって、気づいたこと。それは、ここで働いているひとたち全員が、誇りをもって働いているということでした。

CRECACOR2.png
(写真:クレザソールで働く専属デザイナー:クレザソールで発行される印刷物、商品パッケージの担当をしています。)

例えば当日、私のお世話を1日してくれた、エリザベッチさん。
彼女はここで、サステイナブル認証マーク審査の仕事に関わっています。
具体的には、認証マークの取得を希望する複数の団体に対して、クレザソールが設けた基準を満たしているか等を日々審査しています。

彼女は、数年前に他業種(元は、エコノミストでした。)から転職し、「数字だけではなく、より直接、人の人生や社会を変える可能性を秘めているこの仕事に、誇りを持っている」と私に語ってくれました。

ところで、認証マークと聞くと、国際的な認証マークを思い浮かべますが、クレザソールは島内でのサステイナブルな社会の実現に向けた、独自の認証マーク(正式名称:CORES)を発行しています。

独自の認証マークを持っているという時点でユニークな取り組みだと思いますが、この認証マークが優れている点はそれだけではありません。通常、認証マークを取得するためには申請団体側が登録料等を支払うことが多いのですが、クレザソールでは認証マークを取得するための登録料を設定していません。そこには、より多くの団体が認証マーク取得に向けてアクセスしやすいようにという想いが込められているからです。

認証マークが持つ役割とは?

PASSARO5.png

サステイナブルな社会を実現していく上で認証マークが持つ役割とは何でしょうか。
例えば、フェアトレード認証マーク。自分が普段購入するチョコレートの原料であるカカオやコーヒー豆等の見えない生産工程中に児童労働や労働搾取が存在し、その原料を使ったがために最終製品の価格が安くなったという事実があれば、、、どんなに安くても購入をためらってしまいますよね。

経済がグローバル化し、様々な国から原料を輸入・加工しながらできあがる商品に対して、
どのような労働環境で商品ができあがったかまでをを知ることは正直、容易ではありません。

ただそれを、可能な限り明らかにする役割を担っているいるのが、認証マークです。フェアトレード認証は、労働者を搾取せずに、労働者に対して適正価格を支払っていることを証明するラベルです。この認証マークがあることで、消費者側は、労働者搾取を行っていない商品を知ることができ、またその商品を選ぶことで、労働者搾取に関与しない、より良い社会のために自分が関わっていく(応援する!)という選択ができます。

このクレザソールが発行している認証マークも、他の認証マークと同様な役割を持っていています。このマークは、島内でつくられた商品・サービスが社会/環境的にサステイナブルなものと認定されたものに対して発行されます。そして、この認証マーク付きの商品・サービスを購入することで島の住民は、島内のサステイナブルな社会に向けた取り組みを応援することができるというしくみになっているのです。
CORES.png
(出典:CRESAÇOR:クレザソールの認証マークをサンミゲル島内で認知させるために行った宣伝広告)

それでは一体、どのような商品が認証マークをもらっているのでしょうか。
次回、実際の現場をレポートします!

自由が丘のグリーンフラスコさん!

自由が丘にある老舗のハーブ・アロマのお店グリーンフラスコさんでは、今、ハーブで世界一周が楽しめちゃう?ような企画が行われています!

そんな中、この度ブラジルハーブのブースのアートワークをEthiporが担当させていただくことになりました!
空箱になったハーブティーの箱を捨てないで、チョキチョキすると、、、。さて、何ができるかな?

ARTWORK2.jpg


ARTWORK1.png

ブラジル発・エシカルな飲料?!

BEBIDA ETICA

いきなりですが、みなさん!昨晩、もしくは今日食べた食物/飲んだ飲料を思い出せますか?
輸入・国産の食材、どちらも入っていましたか?「輸入品は使っていないかも」という方も、
お肉を食べた場合(国産・輸入に関係なく)、その飼料はブラジル・米国の大豆(=間接的に輸入品)だったということがあるかもしれません。

今回のエシポルでは、ブラジルのエシカルな飲料のお話をしたいと思います。
その前に。飲料・食物に関わるブラジルの農業のお話を少しだけ、お話させていただきますね。
もしかしたらその話は、「あなたが昨晩、もしくは今日食べた食物(もしくは飲物)」と関係しているかもしれません。

グローバル化する食卓の裏にあるもの
日本の23倍もの大きさを持つブラジル。そのブラジルでは、大豆、トウモロコシといった輸出のための工業型農業が近年活発化しています。それは、食卓にあがる食べ物がグローバル化している現代社会では、必然的な風景かもしれません。

一方で、こうした工業型農業に適した土地がブラジルで足りなくなってきていることと、輸出に向けた国内の輸送網の拡大に伴い、その地域に住んでいる先住民・小規模農民の土地が力ずくで奪われるということもブラジルで、今実際に起きています。当然、奪われた土地を取り返すために、抵抗運動は行われますが、その運動にかかわった人たちが殺されるということは、珍しくはないそうです。

正直、とても重く暗い事実です。ただ、一方でこうした工業型農業に代わる、もう一つのアプローチで農業に取り組む人たちもいます。そして彼らの農作物を積極的に市場へとつなげることでその動きをサポートしようと奮闘している人たちもブラジルにはいます。その1つが、KIROという飲料ブランドです。

ブラジルのローカル飲料ブランド:KIRO
KIRO.png
出典:KIRO

2017年、ブラジル・サンパウロで、ローカルな飲料ブランドが誕生しました。そのブランドは、「KIRO」です。
販売規模としてはまだ、大きくはないものの、サンパウロのバー、レストラン、カフェ、シェアオフィス等を通じて、じわじわと、そのファンを増やしているようです。一口飲むだけで爽やかなのどごしを感じられるKIRO。実は、KIROにはアルコールも炭酸も入っていません。

アルコールも炭酸も入っていないのにのどごしを感じられる飲料、、?一体何が入っているのでしょうか。その原料は、水、しょうが、りんご酢、そして蜂蜜です。

原料だけみると、シンプルで、健康によさそうな飲料という印象を持ちますが、KIROがパウリスタ(サンパウロの人)を惹きつけている理由は、どうやらそれだけではないようです。

たまたま見た記事を見て、作ってみたら、、、。
水、しょうが、りんご酢、そして蜂蜜。これを聞いてもしかして、「スウィッチェル?」と思われた方、正解です。スウィッチェルとは、17世紀~19世紀のアメリカで、特に畑仕事をしている人たちにとっては欠かせない、乾いたのどを潤す大事な飲み物だったそうですよ。

2014年。創業者であり、サステナビリティについて研究をしていたリーさんは、スイッチェルについて書かれた記事に偶然出会い、長年の友人であるグスタボさんと一緒にスイッチェルを実際に作ってみることにしました。「その記事を見るまで、もちろん、スイッチェルなんて作ったことも飲んだこともなかったよ。けれども、最初の一口でやられてしまったんだ。」と語るリーさん。その年に何度も何度も試作を重ね、家族、友人を巻き込みながら品質・味の改良を重ねていきました。

次第に、グスタボさんが働いているレストランでKIROを提供することで、家族、友人以外にもそのファンを増やしていったようです。

新たなメンバーも加わり、以前より販売規模を広げていったKIROは、2017年にビジネスを本格化させ、サンパウロの中心地やリオデジャネイロでも販売されるようになっていきました。なんと生産量の内9割は売れ、残りの1割はイベントで使うための試飲用などに使われるそうです。気になるそのお値段は(KIROのサイトで購入した場合)、1本(300ml入り)約¥240です。(9レアル)
決して、安くはない値段ですが、何がパウリスタ(サンパウロの人)を惹きつけているのでしょうか。

エシカルな飲料?
PLANTAS 2

KIROが特別な飲料である理由は、渇いたのどにキリッとしたのどごしをもたらせてくれている「しょうが」にどうやらそのヒントがあるようです。それは、そのしょうがが、化学農薬・化学肥料といったものを使わない製法で栽培されているということ以外にもう1つあります。それは、アグロエコロジーというアプローチが用いられているということです。

アグロエコロジーとは、生態系を守るエコロジーの原則が農業に適用されたものと言われています。

その特徴の1つは、自然の法則を積極的に活用するということが、挙げられます。例えば、「薬草、植物を植えることで害虫から作物を守る」という例のように、化学農薬・化学肥料を使わずに、自然の法則を活用しながら栽培する方法は、その一例です。

ところで、化学農薬・肥料を使わないということは、人(生産者・食べる消費者)だけでなく、今進行中の気候変動問題に対しても大きなメリットがあるのを知っていましたか?

それは、土壌菌が健康的である豊かな土壌は、炭素をしっかりと吸着してくれるので、気候変動問題の重要な救世主になってくれるということ。それに、化学肥料・農薬に頼らないということは、化石燃料に頼らないということでもあるということです。(化学肥料・化学農薬は、化石燃料なしには製造できないそうなので、持続的なアプローチとは言えませんね。。。)

KIROは、主原料のしょうがをアグロエコロジーを実践している組合から購入していますが、プレイヤーが、世界の主流である工業型農業ではなく、小規模生産者であることもアグロエコロジーの特徴の1つです。そして、アグロエコロジーでは、小規模生産者の主体性とその地域の文化的なアイデンティティ(例えば、その土地の気候にあった、且つ在来種の農作物をつくる等)が尊重されます。そういった意味で、オーガニック栽培にプラスして、社会的な側面も持ったアプローチといえますね。

「アグロエコロジーを取り入れるという事は、他の商品と差別化することができます。一方で供給量・ロジスティック面からいうと正直、不安定な要素があることも事実です。」と語るリーさん。では、アグロエコロジーを取り入れた製品を作ることは、KIROにどんな意味を持っているのでしょうか。「KIROが誕生した理由の一つには、アグロエコロジーを普及させるという目的がありました。健康的なもの(飲料)をただ作るだけでは、不十分です。今、私たちが抱えている問題に向き合うこと。そして、それに対してできることを模索していくという事はとても大事なことだと思っています。」

グローバル化する食べ物とその裏にある見えない影。
巨大化した工業型農業が広がる中で、彼らの挑戦は、今、始まったばかりなのです。

DESEJO.png
参考文献:
・印鑰智哉著、小池洋一・田村梨花編『抵抗と創造の森アマゾンー持続的な開発と民衆の運動』(現代企画室、2017年)
・印鑰智哉:http://blog.rederio.jp/archives/2799
・THE GUARDIAN:https://www.theguardian.com/environment/2019/feb/20/european-farms-could-grow-green-and-still-be-able-to-feed-population
・SOIL ASSOCIATION:https://www.soilassociation.org/what-we-do/better-food-for-all/transforming-the-way-we-all-farm/an-introduction-to-agroecology/
・BUSINESS INSIDER:https://www.soilassociation.org/what-we-do/better-food-for-all/transforming-the-way-we-all-farm/an-introduction-to-agroecology/
・MONGABAY:https://news.mongabay.com/2018/12/amazon-soy-boom-poses-urgent-existential-threat-to-landless-movement/


ポルトガルと山と再生可能エネルギー.と。

SERRA.png

スウェーデン、デンマークに次いでヨーロッパ第3位の再生可能エネルギー消費国。さらに今年に入り、2030年までに国内の消費電力の内80%を再生可能エネルギーに変えていくことを表明した国。

その国は、、、。ポルトガルです。

「え?」ドイツではなくて、ポルトガル?

今回は、そんなポルトガルと再生可能エネルギーについて少し、お話したいと思います。

リスボンからバスで約1時間。ブドウ畑に囲まれた、モシュカテルワインの生産地・パルメラ。人口約6万人(2011年)のちいさな町です。

昨年の秋。私はその土地に足を初めて踏み入れ、ポルトガルのサステイナブルな側面をちょこっと、覗かせていただきました。ところで、なぜ「パルメラ」を選んだと思いますか。

詳細は、次回以降のエシポルでレポートをさせていただきますが、この町では偶然にも、自然エネルギーを使って生活をしている方々と出会うことができました。

capture4_14_2019_12_08_42_PM.jpg

“ポルトガル人の環境意識?若い世代を中心に環境への意識は高まってきているのを感じているよ”(パルメラの住人)

私が拠点にしていた場所は、山々に囲まれた場所という表現がぴったりの場所。そこで出会った方々の多くは、自然と共生しながら生活をしていました。そして、滞在も終盤に差し迫ったころ、天気がとても良かったので、友人達とピクニックもかねて、近くの山を登ることにしました。

朝食を済ませた後、山頂を目指し歩いていたのですが、しばらくして、小さな山小屋が見えてきました。山小屋のベランダから、住人と思われる一人の男性が外を眺めていたので、私たちは「あなたの家ですか?」と尋ねてみることにしました。すると、「はは、私の家ではないよ。火事にならないように山全体を見守っている管理団体だよ。」と、その方は笑いながら、答えてくれました。

その山小屋の屋根に目を向けてみると、太陽光パネルが設置されていました。実際使っている電力の内、太陽光がどれくらいの割合を占めているのかを知りたかったので、その点を質問をしてみました。

すると、ここでは、100%太陽光エネルギーでまかなっているということを教えてくれました。

capture4_14_2019_12_04_15_PM.jpg

その男性は、「毎朝山のゴミ拾いをしているのに、平気でポイ捨てをする観光客も中にはいるから、ゴミが中々減らないんだよ。ここまでに来る間にゴミを見たでしょう?[ゴミは捨てないで!]という看板をこれから作ろうと思うんだけれど、、、。どういうのがいいと思う?」という話を気さくにしてくれたり、再生可能エネルギー政策をはじめとする、ポルトガルの環境政策に対して熱心に話をしてくれました。

私が今回の旅で、何人かの方々にした質問。「ポルトガル人の環境意識(一般的に)についてどう思いますか?」という私の質問には、このように答えてくれました。

「ポルトガル人の環境意識?そうだね、世代によって考え方は違うと思う。例えば、僕の印象としては、若い世代を中心に環境への意識は高まってきているのを感じるよ。まぁポルトガルは、山火事も多いし、水不足の問題等もあるし、そういった自然災害をきっかけにだんだん環境への意識も高まっているのではないかと思うよ。」

再生可能エネルギーに力を入れる理由

パルメラからリスボンに戻った後、私はポルトガルで再生可能エネルギーを推進している協同組合・Coopérnicoを訪ねました。2013年に設立されたこの組合は、現在、約1,200人のメンバーが所属しています。(2018年)
COOPERNICO.png

この組合は「ローカルファスト」を掲げ、メンバーの出資金で国内の再生可能エネルギーのプロジェクトをいくつも動かしています。

私が訪ねたときは、2人のメンバーが対応をしてくれたのですが、彼女たちは、数年前にポルトガルが4日間100%再生可能エネルギーだけで電力をまかなえたことをとても誇りに思っていると語ってくれ、これからも組合として再生可能エネルギー推進に向けて力を尽くしていきたいと語ってくれました。

最後に。私がこの旅で一番知りたかったこと。
それは、なぜポルトガルが世界でも有数の再生可能エネルギー発電・消費国になれたのか。

「ポルトガルは、自然環境にとても恵まれた国。そして、ポルトガルには、成長が見込める分野は他になかった。だから国として再生可能エネルギー分野に注力したんじゃないのかな?」
パルメラで持続可能な生活を実践しているポルトガル人達の言葉を心に残し、ポルトガルをあとにしました。
FOLHAS.png

2030年に向けてさらに、再生可能エネルギー消費率を倍増させることを決意表明したポルトガル。そのポルトガルの環境政策を今後も、見守っていきたいと思います。

「タバコのポイ捨ては、ダメ。」の本当の理由。

BITUCAS E BITUCAS

世界中のビーチで最も拾われているゴミとは?
日本を含めて世界中で今、問題になっている海洋プラスチック汚染。
昨年の秋に、オーストリアのウィーン医科大学の胃腸病学者が発表を行った、「サンプリングをした国籍の異なる8人全員の排泄物から、マイクロプラスチックが検出された」というニュースは、衝撃と同時に、多くの方にとって、「できることから環境にとって何かポジティブなことをしてみよう!」と思うきっかけになったのでは?と思います。(私自身も、その一人です^^)(Business insider)

ところで、「世界中のビーチで、ビニール袋や、プラスチックストローより多く拾われているものがある」という事を知っていましたか?

それは、「タバコの吸い殻」です。(Ocean Conservancy)

ビーチでポイ捨てしなければいいの?
残念ながら、道端にポイ捨てされた場合も、風で海まで飛ばされたり、また、ポイ捨てされたものが、道路でよく見る「側溝」と呼ばれる溝に入ってしまった場合、そこから直接、河川へと流れこんでしまうようです。

私は知らなかったのですが、側溝を通じて雨水管に入ったものは、処理されずにそのまま河川に排出されるそうですね。*分流式の場合。(不動産トラブル弁護士ガイド)ちなみに、日本では、多くがこの分流式のようです。

となると、道端のポイ捨てってかなり危険な行為、、、。ですよね?

たかが、タバコの吸い殻一つ。けれど。。
BITUCA!!.png

ところで、タバコは、一体何でできていると思いますか?

タバコというのは、そのフィルター部分は、酢酸セルロースと呼ばれる、一種のプラスチックでできているそうです。そのため、どんなに時間が経過したとしても、海の中では完全に分解はされないとも言われています。 (Ocean Conservancy)

では、完全に分解されなかったタバコのフィルターは海の中で、どうなってしまうのでしょうか。それは、ビニール袋、ペットボトルといった他のプラスチック製品と同様、太陽光、海の波などで細かく砕かれ、最終的にマイクロプラスチックへと変わっていく、、、。ということですね。

タバコの吸い殻がもたらすものは、マイクロプラスチック問題だけではありません。タバコが持つその有毒性は、海・河川の中でも、問題になっています。サンディエゴ州立大学の研究では、たった1本のタバコの吸い殻を入れた水(1リットル)は、海産魚や淡水魚を死へと至らせる程有毒なものになることが示されています。
(Guardian)

タバコの吸い殻をなくそう!!キャンペーン
51654895_2076564522390450_6853471956948221952_n.jpg
出典:o Projeto Mundo sem BITUCAS

ブラジルのサントス。ここは、コーヒーや大豆等の輸出拠点で有名な湾岸都市です。
そんなサントスで、今、ユニークなキャンペーンが行われています。

キャンペーンの名前は、o Projeto Mundo Sem BITUCAS(日本語訳:タバコの吸い殻をなくそうプロジェクト)。彼らが行っていることは、町や海でタバコの吸い殻を拾うことだけではありません。

彼らのミッションは、喫煙者も非喫煙者も関係なく、より多くの人に、タバコの吸い殻が与える社会・環境への影響について関心をもってもらうということです。

学校で、生徒や先生、職員を対象に講義・ワークショップ等を行ったり、講演会では、喫煙者・非喫煙者を交えながら意見交換を行うことで、多くの人を巻き込みながらタバコの吸い殻(ポイ捨て)問題についての解決策を探っています。

Youtubeには、正しいタバコの捨て方を歌(ラップ調)にのせて、啓蒙しているグループの姿が見れます。この音楽が、意外と(?)かっこよく仕上がっていて、「なんだか楽しそう!」と思わせてくれます。今後、どのように展開されていくのかが楽しみではありませんか?

タバコの吸い殻が、何かに変わる・・・?
また、ブラジルではタバコの吸い殻をリサイクルする動きも出ています。

ある調査によると、サンパウロ州では1日約3,400万本のタバコがポイ捨てされているという集計もあるそうです。3,400万本。。。

なんだか想像しにくい数字ですが、その数というのは、70平米(家族3~4人で暮らすことができる広さ)の部屋を埋め尽くすことができるそうです。(Ciclo vivo)そんな中、サンパウロ州にある島・イーリャベーリャでは、最近、島全体でとあるプロジェクトを進めていくことを表明しました。

それは、タバコの吸い殻をきちんと回収し、集めたタバコの吸い殻をリサイクルするという取り組みです。

吸い殻をリサイクル?

そうなんです。回収されたタバコの吸い殻は、ブラジルのブラジリア大学が開発した技術を使い、セルロース繊維へと変わり、紙の原料になります。最終的には、ノートや、手帳等にも使える紙になるそうですよ。(Tamoios news)
FOTO-Bituqueira-2-e1545830641344.jpg
出典:Tamoiosnews: 島では、72箱の吸い殻回収箱が設置され始めました。

ポイ捨てを防止するために、道に回収箱を設置する。そして、吸い殻をリサイクルし、紙の原料へと変えていく。なるほど、中々画期的な取り組みだと思いませんか?

もっとも、環境にとっても人にとっても良い選択とは、「吸わない」こと。ですけれどね!